KVM2017 九州・山口ベンチャーマーケット/KYUSHU YAMAGUCHI VENTURE MARKET KVM2017 九州・山口ベンチャーマーケット/KYUSHU YAMAGUCHI VENTURE MARKET

KVM(九州・山口ベンチャーマーケット)とは?

九州・山口各県と経済団体等が連携し、世界に羽ばたくベンチャー企業を輩出するため、 「九州・山口ベンチャーマーケット」を開催します。
九州・山口各県のイチオシ企業53社による新技術・新商品の展示、各県代表企業9社に よるビジネスプラン発表会を行います。
今年度の新たな取り組みとして、九州・山口の8大学による選りすぐりの新技術に関する 説明会・技術展示を実施し、
来場者の増加を図るとともに、 大手企業と展示企業との商談会を実施し、更なる商談成約を図ります!

開催概要

日 時

平成29年2月7日(火) 
10:00〜19:30

会 場

ホテルオークラ福岡 4階平安の間
福岡市博多区下川端町3-2
詳細はこちら

実施内容

(1)大学による合同新技術説明会・展示

(2)新技術新商品等展示会

(3)九州・山口ベンチャーアワーズ(ビジネスプラン発表会)

(4)講演会

(5)表彰式・大交流会

参加費

無料(大交流会のみ参加費4,000円)

参加方法

当サイトの参加申込みフォームからお申込みください。

主 催

九州・山口ベンチャーマーケット実行委員会

福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県、山口県、(一社)九州経済連合会、九州商工会議所連合会、九州経済同友会、九州経営者協会、(一社)九州ニュービジネス協議会、福岡証券取引所、(独)中小企業基盤整備機構九州本部

詳しくはこちら 参加申し込みはこちら

発表企業

橋本 司

橋本 司

株式会社スカイディスク 代表取締役社長 - 福岡県

橋本 司 橋本 司

1975年生まれ。福岡県北九州市出身。長崎大学を卒業後、自動車メーカーで自動車部品の研究開発を行いその後27歳でシステム業界へ。2010年には九州大学 博士課程に入学し人工知能と高速分散処理の研究に従事。10数年のシステム開発の実績と大学での研究成果を元に2013年にSkydisc, inc.を設立。福岡でIoT事業を積極的に推進中。
出展情報はこちら

登壇テーマ:使いやすいワンストップIoTプラットフォームの実現について
下山田 力

下山田 力

株式会社緑門 代表取締役 - 佐賀県

下山田 力 下山田 力

1979年生まれ。茨城県日立市出身。国立小山高専専攻科卒業。オムロンFEで法人向け金融機器エンジニア、ITシステムの営業職を担当。2012年1月に株式会社緑門を設立。耕作放棄地でお茶の実に出会う。2013年よりお茶の実油の製造と販売を開始。2014年から日本初のお茶の実農家として、農林水産省管轄の新規就農者の認定をうける。世界へお茶の実油を供給できるように、日本唯一のお茶の実油専門店として邁進中。
出展情報はこちら

登壇テーマ:自然栽培茶実油&茶実油ジェルクリームについて
満田 聖也

満田 聖也

株式会社Nitlon 代表取締役 - 大分県

満田 聖也 満田 聖也

熊本県熊本市出身。2014年夏期より衣服生産プラットフォームを運営するシタテル株式会社のシード期、゙営業インターン、営業統括に従事。当時感じた課題感から、"営業職が各顧客 に最適な商品やサービスを自由に提案し、それが仕事として成り立つ仕組み”が必要性を感じ、その仕組みを構築。2014年 11月Startup50 vol.2の最終ディスカッション選出。その後、さらに「営業課題」と「働き方」 に着目した事業の検証と改善を開始。2015年1月α版として、、国内の事業会社5社の協力で試験運用を開始。1年間の運用・改善を経て、現kakutokuの仕組みにたどり着く。2016年2月2日に株式会社Nitlonを設立。2016年11月kakutokuオープンβ版リリース。
出展情報はこちら

登壇テーマ:営業特化型クラウドソーシング「kakutoku」について
稲田 智久

稲田 智久

株式会社玉乃舎 代表取締役 - 長崎県

稲田 智久 稲田 智久

1968年生まれ。長崎県島原市出身。専修大学を卒業後、銀行、製麺会社で勤務をするうちに、湧水や温泉など自然の恵みの宝庫である島原の名物「かんざらし」が多くの方に愛されていることを再認識。しかし、持ち帰り用の「かんざらし」がないことに一念発起し、2013年に㈱玉乃舎を設立。もち米や蜂蜜など地元産の素材にこだわった「かんざらし」を開発、九州内の多くの百貨店でギフトとして販売されるに至った現在も、認知度向上に邁進中。
出展情報はこちら

登壇テーマ:湧水から生まれた、「おもてなしスイーツ、かんざらし」について
宮川 将人

宮川 将人

有限会社宮川洋蘭 専務取締役 - 熊本県

宮川 将人 宮川 将人

昭和53年、宇城市戸馳島出身。東京農業大学卒業後オランダに渡り、国際園芸博フロリアードに農林水産省研修生として参加。その後、アメリカで2年間花修行。平成19年インターネットショップ「森水木のラン屋さん」開店。平成22年母の日に楽天市場のMVP受賞ほか、平成24年楽天㈱の「顧客満足度の最大化賞」、平成28年「農業の未来をつくる女性活躍経営体100選」、平成28年九州未来アワードの準グランプリ等を受賞。現在、熊本の若手農家で作る「くまもと☆農家ハンター」の共同代表としてイノシシ対策にも取り組む。
出展情報はこちら

登壇テーマ:洋蘭のボトルフラワーの開発・販売
廣澤 直也

廣澤 直也

株式会社SUNAO製薬 代表取締役 - 宮崎県

廣澤 直也 廣澤 直也

1981年生まれ。広島県出身。2000年に宮崎大学入学を機に宮崎へ。卒業後、サプリメントメーカーの研究開発に従事。その後、化粧品・サプリメントの営業・企画を経て、2011年1月11日に医薬部外品・化粧品・サプリメントのOEMメーカー「㈱SUNAO製薬」を設立し、同年9月に「九州の医食同源グルメ」をテーマとした宮崎・九州産食品のEC店舗「すなお食堂」をOPENし通販事業を開始。2014年4月にはグループ会社「㈱sunao natura」を設立し現在に至る。
出展情報はこちら

登壇テーマ:九州ドライベジについて
遠矢 博明

遠矢 博明

株式会社テクノマックス南日本 会長兼バイオセンター所長 - 鹿児島県

遠矢 博明 遠矢 博明

1950年生まれ。鹿児島市出身。千葉工業大学を卒業。鹿児島に帰郷した後、農業施設の企画設計会社を設立。鹿児島県内3か所の堆肥センターについて企画設計を行う。2009年、息子が設立した現会社と会社を合併。農法の開発に取り組み、2014年に土壌改良法に関する特許を取得。2016年には腐植酸肥料の製造法について(国研)農研機構と共同特許出願。現在、農林水産省委託プロジェクトのコンソーシアムメンバーとして活動中。
出展情報はこちら

登壇テーマ:微生物の生態を考えた新しい農法(T・Y式リセット農法)の展開について
赤嶺 忠昭

赤嶺 忠昭

67andパートナーズ合同会社 代表兼ビジネスプロデューサー - 沖縄県

赤嶺 忠昭 赤嶺 忠昭

1967年生まれ。沖縄県那覇市出身。琉球大学を卒業後、県内印刷会社にて営業、コーディネーター業務を経て、同社グループでデジタルコンテンツ系事業協同組を設立、プロデュース業務、事務局長に就任、2000年の九州・沖縄G20サミットの沖縄県プロモーションサイトの構築・運営やデジタルアーカイブ事業でのプロデュース業務に携わる。その後、県内ローカルポータルサイトのマネージング業務、離島振興Webサービス構築におけるプロジェクトマネージャーなどを経て、2012年に67andパートナーズを創業。シェアリングエコノミー啓蒙普及のため事業展開中。
出展情報はこちら

登壇テーマ:個人間レンタルプラットフォーム「モノシェア」について
佐々木 綾子

佐々木 綾子

有限会社ひわだや 専務取締役 - 山口県

佐々木 綾子 佐々木 綾子

山口県防府市出身。山口大学卒業後、流通業を経て結婚。出産後は低出生体重児・病児のNPO団体設立のかたわら、中間支援団体で非営利組織の経営を支援。2011年、㈲ひわだや入社。夫(代表取締役)のもと桧皮葺を学び、伝統を継承するため経営革新に取り組む。ひきこもりや知的障がい者・高齢者等の雇用を推進し、社業を通じて「支えられる人が伝統文化を支える力になる社会の実現」を目指す。
出展情報はこちら

登壇テーマ:檜皮葺(ひわだぶき)を活用したあかりのプロダクトについて
出展情報はこちら

九州・山口ベンチャーマーケット実行委員会
事務局:福岡県商工部新事業支援課

〒 812-8577 福岡県 福岡市博多区 東公園7-7
TEL: 092-643-3449 FAX:092-643-3427